内見時のチェックポイント

内見時は、ここをチェック

賃貸物件を借りる際には、必ず借りる部屋を内見してみてから借りるようにしてください。 その時にチェックするポイントですが、まずはエアコンが付いているかどうかです。
昔はエアコンが付いていない部屋なんて普通ですが、今はほとんどの賃貸物件でエアコンは付いています。 しかし、エアコンが付いているだけではまだ安心は出来ません。

エアコンには、畳数に合わせてタイプが違います。
6畳用や10畳用などさまざまですが、10畳以上の広い部屋なのに6畳用しかついていないなんて事もあるのです。 これは、6畳用などのように小さい部屋用の方がエアコンが安いためです。 今やエアコンは必需品ですので確認をお忘れなく。

次に、部屋のにおいです。 生活しているうえで部屋のにおいは重要ですよね。 空室の期間が長い部屋はにおいがどんよりとしています。
また、トイレや排水溝のにおいも重要です。 たいていは、管理人さんが定期的に空気の入れ替えをしますがあまり管理されていない所はにおいがあまりよくありません。

最後に、窓の外のチェックです。 まわりの環境も重要になってきますね。 他から見えやすい場所や飲食店が近くにある場合はにおいが気になる場合もあります。 また、騒音などもありますので窓を開けてチェックするようにしてくださいね。
においや音が気にならない人はいいですが、窓を開けて過ごす事が出来ない場合は住みにくい環境となりますので注意してください。 嫌だなと感じた場合には、その部屋はやめておいた方がよさそうです。