メインイメージ画像

重要な保険選びのポイント

今から保険に入る時、どのような保険に入ればよいのか迷うところです。ここでは保険の選び方の重要ポイントをあげてみましょう。個人の生活環境に関連して、必要とされる保険は異なってきます。なのですが、選び方の大切な点として、何点かの共通する点があるのです。一つ目のポイントは、保険が経済的な負担にならないことです。通常支出に占める保険の率は、高くても一割程度が適当だと言われます。この結果を参考に家計に無理がない中で保険を入るようにしましょう。

二点目のポイントは、あなたにぴったりの保険に入ることです。入っている特約などは果たして本当に必要なのか。加入前に今一度吟味した上で契約して下さい。

色々な状況で保険の給付金を受けた場合税金は生じるのでしょうか。以下では、医療保険、死亡保険を一例にあげ税金について説明しましょう。まず、医療保険の払戻金に生じる税金について見てみましょう。

法律で医療保険の払戻金額には税金の債務はありません。次に、死亡保険には税金が生じると考えますか。答えを言うと、税金の責任はありますが、少なくすることが可能なのです。そのやり方は、保険に関する税金を相続税にするものです。相続税においては、多種な控除が準備されており、配偶者には1.6億以内は非課税とされます。相続税にするためには契約者が被保険者、受取人の間柄は夫婦かご子息である必要がありますが、必ず、この税制度を使用して下さい。

更新情報